大阪府東大阪市 K様邸 屋上部分

表面のトップコートがプクプク膨れています。場所によっては剥がれていました。
お施主様は表面の防水が剥がれているから漏水するのではないかと、心配されて当然です。
しかし、表面のトップコートの下にFRP防水層がありますので漏水の心配はございません。

剥がれた部分を少し見てみると、新築で行った防水の上に新たにもう1層のトップコート、更に
ウレタン系のトップコートが塗布されており、3重のトップコートが重なっておりました。

トップコートの上にトップコートを塗布するためには、適切な表面処理をするか、もう1層、防水層をつくって密着をよくするかしないと、長い目でみたらこのような現象となります。
処理を行う職人の知識も大切です。適切な使用材料の選択と作業順序を間違えると同じような症状が起きます。

仕様:FRP防水 1プライ アイカ工業 JE-2006 C20トップコート  
   飛び火認定 DR-1552 DR-1553
   防火地域 準防火地域 22条地域 対応製品

♯関西 ♯大阪府 ♯兵庫県 ♯FRP防水 ♯基礎防水 ♯クラック補修 ♯カンキョーワークス

前の施工事例

マンション・アパート

大阪府守口市 アパート新築工事

次の施工事例

マンション・アパート

基礎打ち継ぎ目 塗膜防水工事

おすすめの施工事例